はじめに言ってしまいますが、「タイトル詐欺じゃねーか」と言いたくなるような作品でした。


いきなりフェラチオしているところからスタートします。
ちなみに相手の男は可愛い男子ではなく、毛むくじゃらのデブで喋り方もキモい短小豚男です。
どうやら相手は監督のようですな。
もえちゃんは口の中に射精させちゃいます。
もえちゃんはエッチが大好きなようで、射精したばかりの男を「エッチしたい」とベッドに誘いますが、
さすがに男のほうは二回戦は無理なようです。

エッチしたくてたまらないもえちゃんは、監督に30歳手前の男優を紹介してもらいます。
その男優というのは大学進学を目指していて、もえちゃんは家庭教師として派遣されるようです。
が、男優の会話の内容がアホ過ぎて、とても大学進学を目指しているようには思えません。
すぐにエッチな展開になって、もえ先生はオッパイを揉まれちゃいます。
と、ここで突然、パンツ一丁の男優が大勢乱入。
もえ先生は、乳首を弄られたり吸われたり、お尻を揉まれたり、クンニされたりしちゃいます。
さらにキスされたり、指を入れられてクチュクチュされたり、フェラチオさせられたりしちゃいます。
その後、順番に手コキとフェラチオしていくもえ先生。
そして、次々と顔にブッカケられつつ、正常位で挿入されちゃいます。
正常位→対面騎乗位→正常位→立ちバック→正常位→バック
→正常位→顔射→お掃除フェラという流れ。

bf00033-8bf00033-9bf00033-10bf00033-1
bf00033-4bf00033-5bf00033-6bf00033-7


こうして、騙されてブッカケえっちを撮影されちゃったもえ先生。
騙されたとは言っても、もえ先生も楽しめちゃったようです。
ここでしばらく、面白くもないインタビューがしばらく続きます。
そして、インタビューの最中に男優乱入。
胸を揉まれたり、キスされたり、乳首を舐められたりしていきます。
つづいて、ショーツ越しにオマタを舐められたり弄られたり、ショーツを食い込まされたり。
さらにショーツを脱がされて、ワレメを拡げられたり、
クンニされたり、指を入れられてクチュクチュされたりしちゃいます。
そして、フェラチオを経て、正常位で挿入です。
正常位→対面騎乗位→背面騎乗位→バック→背面騎乗位→背面側位
→正常位→顔射→お掃除フェラという流れ。

後日、もえちゃんから「会いたい」という連絡を受けたという監督。
どうやら、監督は、もえちゃんにエッチしたい男として選ばれたらしいです。
まあ、監督自身が自分の妄想を実現させるために書いた脚本でしょうな…
職権を濫用して自分がモテる男だという演出をしたうえに、
自分の性欲を発散するために女優を使う監督ってどうなんだ?
まあ、そんな背景事情はともかく、大事なのはAVとして楽しめるかどうかということで…
まずは、監督の指を舐めたり、下着越しに監督のアソコを舐めたりしていきます。
つづいて、監督の下着を脱がし、手コキとフェラチオ。
そして、正常位で挿入となります。
正常位→バック→対面騎乗位→正常位→腹出しという流れ。
といった感じのハメ撮りシーンでしたが、
監督が自分の欲望を発散することに必死でカメラアングルが全然ダメ。
監督自身の顔こそ映っていませんが、
毛むくじゃらのぶーでーなうえに喋り方や発言内容も気持ち悪かったです。


男優が登場するシーンは悪くなかったけど、
監督自らが女優に相手をさせるシーンがとにかく不快でした。
監督自身が自己満足のために用意したシーンを見せられた気分です。
リアルではモテないキモ豚が、監督という立場を利用して自己顕示欲と性欲を満たしただけですね。

女優さんは普通の可愛い女子大生といった雰囲気でした。
顔も可愛いし、スタイルもよく、なによりエッチ大好きといった雰囲気が良かったですね。
衣装もカジュアルですが、ザックリ開いた胸元と美脚が映えるミニスカートといった感じでエロさ充分。
無駄に着飾ってないのが好印象だし、
着飾らずともエロく感じることができるのは女優さんがそれだけ魅力的ということでしょうな。

それと肝心の「家庭教師」らしい場面が、まったくありませんでした。
監督は、いったい何を考えているのか…


家庭教師もえ先生のぶっかけ授業 【出演女優プロフィール】
小辻もえ
生年月日:1988年5月3日
身長:160cm
スリーサイズ:86-60-88
ブラのサイズ:Cカップ
DVD発売時の年齢は21歳かな。

【DMM動画配信ページ】
家庭教師もえ先生のぶっかけ授業